ワインセラーの種類


ワインセラーといえば想像できるのは業務用かもしれません。
ワインをおくレストランやリカーショップでは必ずあるものですが、多くの場合が大きいサイズが必要になるでしょう。
こういった大きいサイズには冷却パワーの大きいものが必要で、冷却パワーの強いものはコンプレッサーという冷蔵庫に使われるものを利用して作られたものがあります。
音や振動が大きいというデメリットもありますが、多くのものを管理するにはこういったものが必要になります。
家庭用のセラーも最近では色んな種類があり、製造国は日本だけではなく様々です。
多くは本体サイズにあわせた冷却装置を取り付けていて、コンプレッサー方式の他にはペルチェ方式、アンモニア熱吸収方式などがあります。
冷却パワーが弱いものは比較的音が静かなので家庭用にはあっているかもしれません。
エコブームな時代にあった環境に易しいタイプなどもありますので、自分の使い道にあったものを選ぶといいでしょう。

コメントは停止中です。