ワインの保管


ワインは熟成させる為に瓶に詰められた後でもさらに味や香りを変化させて、良いものに変わります。
その熟成の為には保管の方法が大切で、こういった保管の為にワイナリーのカーブに似た環境を作り出せる貯蔵庫が必要になります。
温度は13~15℃くらいで、湿度は70~80%が理想、遮光性のある窓や振動の少ない冷却装置などの工夫がされ、これらを保管することができます。
日本の様に季節の変化のある国や一年中寒い国、一年中暑い国ではこういったセラーが必ず必要で、暑すぎると熟成は進み過ぎてしまい、寒すぎると熟成は止まってしまいます。
こういったことのない様に理想的な温度と湿度を保つことで問題なく熟成させることができるのです。
ワインを取扱うレストランやリカーショップでは購入してからの保管にはとても気を遣って、きちんとしたセラーを備えています。
リカーショップでは店頭に並べることで、光が当たってしまうという懸念がありますが、ガラスを遮光性にするなどの工夫がされているお店も多い様です。

コメントは停止中です。