ワインの休憩


日本でも多く造られる様になってきましたが、やはり主流は外国。
外国では様々な国でたくさんの種類のワインが造られています。
こういったものを今ではインターネットや通販で簡単に買うことができる様になったのですが、この輸入の間の環境の変化はこのお酒に撮ってもっとも過酷な時間であるということなのです。
普段このお酒はワインセラーという温度や湿度の管理のできる貯蔵庫に管理され、光や振動からも守られますが、移動の際にはどうしても振動を避けることができません。
では輸入の際に長い時間海を渡ってきたこのお酒は品質が落ちてしまうのでしょうか。
こういった場合にはこのお酒を休憩させてあげることで、元の状態に戻すことができます。
休憩させるとは一般に寝かせるとも言いますが、温度や湿度を管理できて、光を遮断し、振動のないところに横たわらせて上げることです。
冷蔵庫で冷やすというのではなく、温度や湿度を保つと考えて下さい。
これはセラーでするのですが、最近では一般の家庭でも使われる様になりましたので、手頃な大きさや手頃な値段で手に入れることができる様です。

コメントは停止中です。